ペット可の不動産が狙い目のワケ

賃貸物件も不動産屋では取り扱われ、不動産投資で需要増とも言われるのが、ペット可の物件です。
全国的にペットを飼っているのは戸建てに多いため、マンション経営での狙い目とも話題です。
もちろん、市場調査も行われますが、辛口の口コミ情報を参考にするオーナーも意外に多くいます。
建物が汚れないように、ペットに対応した設備を付ける大変さも挙がっているためです。
無垢材のフローリングが賃貸物件では一般的ですが、クッションフロア仕上げはコスパに優れています。
入れ替わりの激しいペット可の賃貸物件では、張替えの際に安価でもあり、ハウスクリーニングでも汚れや水に強いメリットがあります。
もちろん、消臭効果や引っ掻き傷に強い機能性壁紙は魅力ですが、差別化になりにくい声も囁かれています。
成功例には、壁の上下で壁紙を張り分ける工法で、境にモールディング装飾材を取り付けられています。
上部にデザイン性の高い壁紙、下部に汚れや引っ掻き傷が目立ちにくい壁紙にするだけですが、全面張り替えに比べるとコストも抑えられます。
また、ペット目線で造るキャットウォークですが、最近では柱のない棚をレイアウトするなど、飼い主、入居者の住みやすさに配慮されています。
猫の性質上、柱があると引っ掻いたりマーキングすることもあり、柱のない棚は飾り棚、収納棚とした使い方も可能です。